1. 5月 皐月

ブログ

2019.05.07

5月 皐月

5月 皐月

平成の時代が幕を閉じ、「令和」の時代の幕開けです。平和で明るい未来を、令和を生きる子供たちと共に、創っていきたいですね。 4月、桜色に心和まされ、それぞれの新年度がスタートしました。公園には、若葉に似た子どもたちの、フレッシュな声が、賑やかに響いています。忙しい毎日の中でも、新緑に目を休めつつ、子育てを楽しんでいただきたいと思います。  さて、先月の勉強会では、「子どもの見方6つのポイント」を学びました。今月は、後半部分を学んでいきます。 「親が変われば、子どもも変わる」  親がイライラしながら子育てをすると、親もストレス、子もストレスになります。子育てが苦痛になり、自分にも嫌気がさすようになります。 子どもをあるがままに受け入れ、その個性を育てるという見方、育て方をすると、子どもは見事に変わってきます。基準を設けず、子どもをそのまま、ありのまま受け入れることが大切です。 基準を作るとするならば、「○○ちゃんがいてくれるだけで、パパとママは幸せよ」と毎日伝えられることでしょうか。遅れや、人と違うところがあっても、他の子と比較せずに、その子の個性的な成長、発達を認め、子どもの努力、成長した点、よくできたことをほめて育てると、それはそれは素晴らしい、成長を見せてくれます。 今日の子どもの笑顔に感動し、今日の子どもの成長に感謝しましょう。 そして最も大切なことは、心の子育てをすることこそが、親と子供の一生の関係を築くベースとなるということです。私たちが今感じていること、学んでいること、「私たちの子育てが」後世へと受け継がれていく。 令和となった節目に、そんな思いで子育てをしていければと思います。

シャクナゲ、すずらん、金柑