1. 6月 水無月

ブログ

2019.05.31

6月 水無月

6月 水無月

10連休のGWから、連日30℃を超す夏日に、体調を崩すお友達がたくさんいました。6月は梅雨の季節ですが、湿度や雨に負けないよう、雨を楽しむくらいの気持で、過ごしていきたいと思います。今月は、子育てにおいて一番大切なことを、保護者様に学んでいただきたいと思います。「愛を伝えること」ただそれだけです。「愛」と「厳しさ」と「信頼」が、子育てをするうえでの三種の神器と言われています。厳しく厳しく育てることで、子どもは従順に育つかもしれません。ですが愛なくして、子どもとの信頼関係は生まれません。子育てにおいて愛は基本です。保護者様の中には、愛を感じることのないまま、大人になったという方がいらっしゃるかもしれません。もしかしたら、その方が多いのかもしれません。なぜなら親側は、愛情をもって接している!親の愛はきちんと伝わっている!と考えがちだからです。でも実際、子ども側からすると、「愛を伝えてくれない」、「優しい言葉をかけてくれない」と、寂しい思いをしていることがよくあります。大切なことは、いかに親の愛情を、子どもに伝えるかということ、伝わっていなければ、ないも同然なのです。  子育てをしていく中で、この頃おかしいなと感じたら、親の愛が伝わっていない可能性が大きいと疑ってください。子どもの困った行動や言動は、ア・イ・シ・テ・のサインだと考えましょう。 愛を伝える最も良い方法が、愛情の言葉がけと、8秒間の強い抱きしめです。「大好きよ」「生まれて来てくれてありがとう」「あなたはとても大切な存在だよ」と言葉に出して伝えながら、ギューッと抱きしめてあげて下さい。子どもの言動がみるみる変わります。そして何より、抱きしめている側の私たちの方が、随分癒されていることに気づくはずです。一生懸命子育てを頑張っても、誰にも認められず、褒められることの少ない父・母業、人知れず、涙することもあると思います。そんなときほど、子どもを抱きしめ=自分を抱きしめ、たくさんたくさん褒めてあげて下さい。 祝日のない6月が、癒しの月間となりますように☆