1. オムツが外せるトイレトレーニング

ブログ

2018.11.15

オムツが外せるトイレトレーニング

オムツが外せるトイレトレーニング

立冬も過ぎ、夏にオムツを外したかったけれど失敗したとがっかりする時期でもあります。

 

でも、そんなことはないですよ。我が子のオムツは寒くなってから外すことに成功しました。

子供だって気持ちが良いはずがありません。

「赤ちゃんはおむつをするもの」と決めつけていませんか?そういう先入観で子供に接すると、

子供も

「オムツにするものなんだ」

と、インプットされてしまいますよ。

私は子供に生後2週間からオマルにさせていました。

授乳とオムツを濡らした時間を記入してみると、だいたい同じ時間にオムツを濡らしている事がわかりました。自分の食べたものによっても濡らす時間は変化します。そこで記録された時間にトイレトレーニングをしてみたら、オムツを濡らすことなくオマルで排泄ができました。

生後8か月まで殆どオマルにしてくれました。

その後、子供の自我が現れ遊びに夢中になり時々オムツにするようになってしまいました。しかし、根気よくオマルにさせる事で1歳半には完全にオムツを外すことができました。

 

排泄物をオムツの中にして、気持ちがいい訳がありません。

特に女性の生理用品や紙オムツのダイオキシン問題は深刻で、正しい知識を持って、対処して欲しいと願っています。

 

 

布パッドのオムツを使う事で、子供は排泄物に不快感を覚え、泣いて教えてくれまです。

また、布オムツは洗濯して繰り返し使えます。ゴミを出さないから環境にも良いのです。紙オムツ代だって何年も使うとけっこうな金額になります。

更に、「経皮毒」という肌の表面から様々な化学物質が吸収される問題があります。合成界面活性剤や漂白剤が使われ、健康面での問題が懸念されます。勿論、布オムツはお肌に優しく問題がありません。

しかも、トイレトレーニングをした子供は、言葉の習得も速い事がわかっています。

コツは、食事の内容と運動です。

さあ、トイレトレーニングをしましょう。

私がお手伝いを致します。