七田式教育公式はこちら
無料体験ページへ お問い合わせ・資料請求ページへ

ブログ

2018.04.13

パスツール と ワクチン

パスツール と ワクチン

パスツールという名前を知らなくても
ワクチンと聞いて、思い出すことがある。
そんな子どもさんを見て、
すごいな! 七田っ子らしいな!! と感じました。

ある小学生クラスでのことです。
紙芝居で パスツールという人のお話をしました。
この人は 病気になってから治すのではなく
予防する、 ワクチンという方法を発見した人です。

お話の中で、「ワクチン」という文字をまだ読んでいない時に
「あ、何か似たようなのを知ってる…」
と、小学3年生の女の子が言いました。

病気の菌の、弱いのを注射しても、病気にならなくて…
その病気をやっつけようとして 体が強くなって…
それで… その病気にならないようにする…

といった感じで、彼女なりの言葉で説明してくれました。

おそらく、予防接種などで 聞いたり見たりしたのでしょうね。
なんとなく覚えている話を自分の言葉で語ることができる。
そんなところが七田っ子らしいなと思いました。

七田式で培った記憶力は 大容量記憶です
なんとなく・・・でたくさん入っているのだと思います。

子どもが 自分の より興味をもっているものは
また別の機会で 今回のように情報が思い出され、引き出されて
その子の知識になって 根付いていくのだと思います。
素敵ですね!!