1. 2歳で言葉が増えて、自分の表現が上手になりました!

ブログ

2020.10.13

2歳で言葉が増えて、自分の表現が上手になりました!

2歳で言葉が増えて、自分の表現が上手になりました!

今回は、2歳クラスの言葉を育てる取組みを紹介します。
凛とした写真の男の子!
赤ちゃんの時から通ってくれている、2歳3か月のHくんです。

 

 

言葉を育てる取組み

七田では様々な教材を活用して、言葉を育てます
フラッシュカードなどで様々な言葉を、目で見て、耳で聞きます。
レッスンで繰り返し、目や耳に入った言葉。プリントを使って定着も図ります。

 

2歳で紫も分かる!

レッスンだけではありません。
Hくんのお母様は、お昼寝後の夕方に七田の取組みをしています。

七田式教材の、くまのひも通し。
くまと紐を手に取って、くまの穴に紐を通すから巧緻性も高まります。
「集中して、紐を通す」だけではありません。

お母様はカラフルな色を、Hくんに声掛けながら言葉もインプットしています。

2歳クラスのレッスンで講師が「紫色はどっち?」と問いかけると、Hくんは自信を持って「こっち!」と答えてくれます
私たち講師も、嬉しくなります。

 

 

2歳で自分の気持ちを、言葉で上手に表現できる

Hくんの目はいつも、好奇心でキラキラ輝いています。
好奇心によって知識が増え、理解が進み、それと同時に言葉も増えています。

「じいじと、とんぼ見たね!」
「おとうさんと しんかんせん 作ったね!」
自分の思いを表現するのが、グンと上手になりました

日々の楽しい取り組みを通して、自分から机に向かう「自学自習」の習慣も身につき始めています。
お母様と二人三脚になって、私たち講師も応援していきます。