1. 本教室の特徴

本教室の紹介

	tokucho_pic1

人間の脳は、一生のうち、持っている能力の3%程度しか使っていないといわれ、残りの97%の能力は、右脳にあるといわれています。
「七田式教育」は、幼児を中心に、すべての年代を対象として、右脳の能力を最大限に引き出す教育なのです。
それに加え、右脳だけではなく、心を育てる『心の教育』や、心と身体を健やかに育む『食育』など、バランスのとれた全人格教育を行っています。
	0

子育てに少しの不安も感じない親御さまは、いらっしゃらないでしょう。

「きちんと子供にしつけられるのか」
「友達の子供と比べて成長が遅く感じる」
「誰に相談したらいいのか分からない」

口には出さずとも、誰もがさまざまな不安を抱えているのではないでしょうか。

西宮北口教室では、経験豊富なベテランの先生たちが、お父さま、お母さまに寄り添い、一つ一つのお悩み、ご相談に丁寧なアドバイスをさせていただきます。


子育てに最も大切なことは、親の愛情をしっかりと子供に伝えることです。

七田式の子育てには、愛情を持って子供を見つめる6つのポイントがあります。

1・短所を見ない
子供のいいところ、ちゃんとほめてあげていますか?
子育て上手はほめ上手。「ほめてもらった!」それだけで子供の表情は変わり始めます。

2・過程だと受け取ること
子供の今の姿に満足できていますか?
今、子供が見せる姿は完成した姿ではありません。子供がまだ成長過程であることを理解しましょう。

3・完全主義で育てない
ついつい“できて当たり前!”と思ってはいませんか?
大人の目線で見てしまうと、”どうしてこんなこともできないの!?”と不満顔になり、子供はそんな親にキュッと萎縮。
同じ物事でも、子供の目の高さに立って見てあげましょう。できることが当たり前でないことに気づいて、心から「すごいねー!できたね」と伝えてあげましょう。

4・比較しない
「お兄ちゃんはできてたのに・・・」「○○ちゃんはできるのに、どうしてあなたはできないの?」と比べてしまう。
たとえ兄弟であっても、成長の早い遅いや、得意・不得意に違いがあるもの。その違いを一人ひとりの個性として受け止め、それぞれの子の輝く長所を見つけ出してあげましょう。

5・学力中心で育てない
勉強ばかりに躍起になっていませんか?
もちろん勉強することも大切!でも、いくら頭が良くても、自分のことしか考えないような性格だったら・・・
まずは、人としてどう生きるのか、思いやりを持って生きることを教えてあげましょう。

6・そのままで100点と見る
今できていることよりも、ついつい上のレベルを求めてしまう。
今のありのままの姿で「○○ができてすごいねー!100点!!」と受け入れてあげると、それ以上の姿を見せてくれるようになります。


子供は、ほめることによって、どんどん能力を伸ばし、
親の気持ち一つで、子供の能力や心は、大きく変わります。
	0

1988年に西宮の甲東園で西宮教室(旧甲東園教室)を開講しました。
その2年後に、芦屋教室を開講し教室運営は30年になりました。
その間、たくさんの子供たちが巣立ち、立派に社会で活躍しています。
七田式教育は学力を伸ばすだけでなく、志が高く、夢をもち、思いやりのある人間を育てる教育です。
医療、経済、芸術、スポーツと生き生きと暮らしている同窓生がたくさんいます。
西宮北口教室は阪急西宮北口駅より徒歩3分の場所で、レッスン場は4教室あります。
周りには西宮ガーデンズや兵庫県芸術劇場がある、おしゃれな文教地区です。
	tokucho_pic4

(開講コース)
レッスンは全コース少人数制。
クラスは月曜から土曜まで、月齢に応じてクラス編成を行っています。

 七田式幼児コース
 七田式小学生コース
 七田式幼児英語コース
 七田式小学生英語コース
 七田式赤ちゃんコース
 七田式胎教コース

毎週の子供たちの授業以外に、定期的に母親教室や各種行事(発表会・お楽しみ会・クリスマス会・ハロウィーン等)を開催し、子供たちが楽しめる場や成長できる場を提供しています。
	tokucho_pic5

ぜひ一度、西宮北口教室まで、お問合せください。
まずは体験レッスンを受けていただき、親後さまもまだ見ぬ子供たちの新しい一面を発見してみませんか。
ベテランの先生たちが、お父さま、お母さま、子供たちを笑顔でお待ちしております!

スタッフ紹介

細川敦子先生

私が、第一子を妊娠したとき、母から1冊の本を渡されました。
それが、七田眞先生の「0歳教育」でした。
その本は、私が幼少の頃、母が購入し読んだ本です。とにかくたくさん話しかけ、絵本をたくさん読んで育てたと聞かされました。
その本を読んだ私は、自分の子供のため、七田式を実践している教室を探しましたがほとんどなく、自分の家で見よう見まねで、カードを作り文字を教え、たくさん絵本を読み聞かせました。
その後、教室開校の運びとなり、西宮の甲東園にて教室を始めました。
私は以前、中学校受験の進学塾で講師をしていました。入塾時期が遅くてもぐっと成績が伸びる子や、努力家なのになかなか成績に反映されない子がいるのは、何故かと疑問を持っていました。
そんな中で、七田眞先生の本を読み、小さいころの過ごし方によって、その後の能力が変わるのだとしたら、小学生より幼児期やそれより小さい時期が大切だということがわかったのです。
それから30年間、すべての子供は天才であることを信じ、また実感し教室を運営してきました。私の思いを感じ、理解してくれる先生たちの支えもあり、たくさんの子供たちを送り出してきました。
これからも、子供たちとお母さまの一番近い存在、子育ての協力者として、たくさんの種をまき、すばらしい花を咲かせるお手伝いをしたいと考えています。


先生たちは、とても温かく子供達を見守り包み込み、がんばってできたことには共に喜ぶことのできる先生です。
「お母さま方が笑顔でいるだけで子供たちが笑顔で幸せ」と考え、お母様方の相談にも都度対応し、少しでも心が軽くなるよう一緒に悩んだりアドバイスをしたりしています。
「母と子の七田教育」を実践しています。