1. ときには親の代わりにもなる!家族の思い出アルバムを作ってみよう

トピックス

2022.06.24

ときには親の代わりにもなる!家族の思い出アルバムを作ってみよう

ときには親の代わりにもなる!家族の思い出アルバムを作ってみよう

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、長らく旅行しにくい状況が続いています。

そんななかでも、6月10日には東京都では都内の観光を促進するための東京都民割「もっとTokyo」がスタートするなど、少しずつお出かけしやすい雰囲気になってきました。

この週末はお子さんと一緒にお出かけを予定しているご家族もいらっしゃるかもしれませんね。

お出かけのあとには、家族の思い出アルバムを作ってみませんか?

●アルバムはときに親の代わりになる

かつては、写真を撮ると現像してアルバムに貼っておくのが普通でした。 実家に帰ると、写真の近くに両親の手書きの文字で撮影した日付や場所、ちょっとしたコメントなどが書かれているアルバムがあるというお父さんやお母さんも多いことでしょう。

最近は、スマホやタブレットPCで高画質の写真が手軽に撮影でき、そのままデバイスに保存することができるので便利です。が、その反面、アルバムを作る機会がほとんどなくなってしまったというご家庭が多いのではないでしょうか。

アルバムは子どもの成長の記録であると同時に、家族の思い出でもあります。

子どもが難しい時期に入って親とのコミュニケーションが取りづらくなったとき、アルバムがあれば、一気にタイムトリップができます。幼い自分の笑顔、若くて潑溂としたお父さんとお母さん、お父さんに肩車されているところ…。そうした家族の様子を写真のなかに見つけると、たとえ記憶に残っていなくても、子どもは自分が愛情いっぱいに育てられていたことや、大事にされていたことを実感することができます。

心が渇いていたり何かしら悩みごとを抱えていても、アルバムを見ることで癒され、再び愛に満たされて、生きる力をもらえるはずです。「よし、頑張ろう」と励まされたりもするでしょう。

子どもが大きくなると親がしてやれることは段々と少なくなってきますが、アルバムが親の代わりに子育てをしてくれる場合も少なくないのです。

写真が親のスマホやタブレットに入ったままでは、子どもが自由に閲覧することができません。しかし、アルバムにしてあれば、親がわざわざ見せなくても子どもが自分でどこかから探し出してきて、一人で見ることもできます。そこにはサプライズ的な楽しさもあるでしょう。

●親子で家族の思い出アルバムを作ろう

そこで、ぜひ写真を印刷してアルバムを作ってみませんか?

写真選びから子どもと一緒にやり、ショッピングセンターなどのプリントコーナーに一緒に行ってプリントアウトし、写真が出来上がったら一緒にアルバム作りをしましょう。

日付や撮影場所などの記録ももちろん入れておきたいですね。 ひと手間かけて、コメントも書いてみてください。難しく考える必要はありません。「大好物のアイスをほおばる」「お気に入りのクマのぬいぐるみと」といった簡単なもので構いません。たとえおかしな文章でも、それ自体が味になります。10年後、20年後に見返して、「お父さんのコメント、なんか変だよね」 「ウケ狙いだよ」、 なんていう会話がお父さんと子どもの間で交わされるのもいいものです。

子育ては思い出づくりです。子どもに愛情をたっぷり注いで大切に育てた日々を思い出として、記録に残しておきましょう。それが、いつの日にか思わぬところで活躍してくれるでしょう。

参考:東京都民割「もっとTokyo」2022年版が6月10日予約開始!GoToトラベルも今後併用可に?ホテル宿泊割引・クーポンなど旅行補助キャンペーン情報

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
https://www.shichida.jp/ichikawa/free
————————————----━━━━★