1. 本教室の特徴

本教室の紹介

	特徴画像1

0歳からの幼児教室。

始めて分かる「七田式一宮教室」の魅力!

「心の子育て」×「能力開発」で、子供たちの生まれ持っている豊かな才能を開花させる―それが「七田式一宮教室」の幼児教育です。
“イメージする力”や“学習の基盤となる記憶力・集中力”などを伸ばします。
親子で楽しく学びながら、一緒に成長する「七田式一宮教室」で子供の未来につながる能力を伸ばしましょう!
	特徴画像2

【コース紹介】
七田式幼児コース
0歳~就学前までを対象に、「イメージトレーニング」「フラッシュカード」「記憶」等のプログラムに取り組み、「表現力・集中力・記憶力」等を高めていきます。

七田式小学生コース
小学1年生~6年生までを対象にし、幼児期に培った力をさらに高め、より実践的な取り組みをすることで自ら学ぶ意欲を育てていきます。

七田式英語コース
年少~小学6年生を対象に、「読む力」「表現力」「聞く力」「発音」の4つの能力を総合的に育てていきます。小学生になると「語彙(ごい)力・コミュニケーション能力」等、使える英語を学びます。

七田式赤ちゃんコース
ベビーマッサージ・赤ちゃん体操等、親子のスキンシップを通して、しっかりと愛情を届けます。触覚、聴覚、視覚等、赤ちゃんの五感・脳にしっかり刺激を与えます。

七田式胎教コース
お腹の赤ちゃんに愛情を伝えることで、赤ちゃんは心身ともに健やかに育ち、出産後の子育てがずっと楽になります。母親が自らイメージトレーニングを行うことで、赤ちゃんとつながり、愛情をしっかり届けます。
	特徴画像3

火曜日から土曜日まで、月齢に応じてクラスを編成しています。
「認めて ほめて 愛して 育てる」をコンセプトに、学ぶことが楽しいと感じる工夫がいっぱいのレッスンです。

まずは体験レッスンにおこしください。
お子さまのキラキラした目で集中して取り組む姿に驚かれることでしょう。
	特徴画像4

七田式一宮教室は、平成8年の開校より地域に密着したきめの細かい教育を行っています。
脳科学理論に基づいた、質の高いオリジナルの教材でテンポ良くレッスンを進め、子供たちの知的欲求を満たしながら、好奇心とやる気を育てています。
	特徴画像5

【お客様の声】

わが家には、長男、長女の2人の子供がいます。残念ながら長男は七田に入塾させるのを迷っている間に時が過ぎてしまい、今すごく後悔をしています。今回は、長女について少しお話をさせていただきます。
娘は2歳の頃から七田でお世話になりました。最初は次から次へとすごいスピードで行われていく内容におどろきばかりでした。私も右脳の持つ力のことをあまりよく知らなかったこともあるのかもしれませんが…しかし通い始めて1年ほどした娘が3歳のころです。祖父母、主人、私、娘の5人でトランプで神経衰弱をやりました。私は昔から自分が負けたことがないので、3歳児になんか絶対に負けないと思っておりました。するとビックリ!!すでにひらいたカードはもちろんのこと、「これとこれ」「これとこれ」と次から次へとまるでカードが見えているかのように連続で5組ほどうれしそうにとっていく姿に、大人の私たちはビックリ!!それ以来、数回家族でやっても、いつも娘の一人勝ちなので、誰もやりたがらなくなってしまいました。
また、こんなこともありました。私が、主人に買ってもらった指輪をどこかにしまいこんでしまい、1年ほどかけてさがしている姿を見て4歳の娘が「ママ、いつも何かさがしているけれど、何をさがしているの?」と聞いてきたので、4歳児に話してもきっとわからないけど…と思いつつも、指輪の特徴を話してみました。すると「私、知ってるよ、ママがしまってたの覚えてる。」と言い出したので、本当かなぁ?…と思いながら「どこ?」と聞くと、「ほら、これじゃない?」と言われた時にはビックリ!!それ以降もビックリすることは書ききれないほどありました。幼稚園生活も年少児から自分のことは自分でできました。七田先生の言葉のとおり、「認めて、ほめて、愛して」を自分の教育としても心がけていました。小学校へ入学しても授業を聞いているだけでOK。勉強が楽しくて、出先で「お勉強、何が好き?」と聞かれると、「全教科好き。」と返答するほどでした。1年生から成績もパーフェクトで、毎年小学校の先生から「成績もパーフェクト、行動面も全く言うことなし。どうしたらこのようなお子さまが育つのか、逆に教えてほしいです。」と言われていました。他の保護者からも、よく聞かれました。
いよいよ5年生になり、本人が中学受験をしたいとのことで受験塾に入塾して、見事、南山中学校女子部に合格をし、春から南山へ入学します。他にも、淑徳中、金城中、鶯谷中も受験し、全勝しました。
七田に通っていたおかげで、受験勉強もスイスイ頭に入って、適度に息抜きもしながら大成功。娘が「小さなころから七田に通わせてもらってたおかげだよ。」って言っています。次は、東大医学部、名大医学部合格に向かってがんばるそうです。
小さなころから一宮教室の先生方には大変お世話になりありがとうございました。感謝しています。
	特徴画像6

早いもので“卒業式”をしていただいてから、ひと月が経ちました。
私どもの長男が入室しましたのは、年中になる年の3月でしたので、6年間の通室でした。
当時、何にでも興味津々の息子は、幼稚園で“落ち着きの無い子”として叱られる場面が多くありました。叱られてばかりでは、子供が委縮してしまうのではと心配しておりましたが、親としてほめてばかりともいきません。家庭以外でも“認めてもらえる場”として通室を始めたのが七田でした。

入室当初は、息子よりも1歳下の子が息子よりもいろいろなことができ、しっかりしているのを見るにつけ、字も書けず、すぐに自分の気になることを見つけてしまう息子にどうしたものかと思いました。しかし、先生方の“できたことを認めてあげる。取り組んだということをほめてあげる。”をお手本に、課題も少しずつ続け、まずは『毎週通うこと』を目標に重ねてきました。
途中、レッスンで先生の話を聞いていないように見え、『本当にこのまま続けて何かプラスになるのか?』と思った時期もありました。しかし、“子供は聞いてないようで聞いていて、やっていないようでやっている”―と思ったのは小学生になってからです。
1年生の算数で、計算カードを持ち帰らない息子のことで、担任の先生に持ち帰りを促してくださるようお願いしてみますと、『もう、“いくつといくつ”など完ぺきにできるから、持ち帰らなくても大丈夫ですよ。』と おっしゃっていただき、夏休み前の懇談会では、『1年生とは思えない文章力です。科学的なことにも興味が深いので、夏休みに科学分野の本の感想文を書いてみるといいですよ。』とまたうれしいお電話をいただけました。更に、学年が上がる度に担任の先生から必ずほめていただけるのが『記憶力の高さ』『知的好奇心の高さ』。そして何よりもうれしいのが、『誰にでも公平で、困っている子を助け、正義感が強い』とのことです。小学生コースでの“人間学”が実を結びつつあると思いました。

家庭での取り組みについては、幼児コースではお絵かきプリントと絵日記(月数日だけでも)だけは必ず、それも一緒に取り組むようにして、だっこと読み聞かせを。小学生コースでは殆ど子供に任せておりましたが、“とにかく課題をやる”と子供自身に決意させ、やれていない、やっていないよりも、“自分の決めたことを守らなかったこと”だけは注意をしたりして、子供なりに粘り強く続けられたと思います。
6年間続けて、幼児コースは導入期、まずは続けること。時間はかかりますが、小学生コースで成果が見え始めるのだと実感しています。そして、これからも成長し続けるのだと思います。 息子にとっても“できたこと”はもちろん、“続けることができたこと”は、大きな自信につながったと思います。心のこもった卒業式もしていただき、とても喜んでおりました。

最後になりますが、6年間、七田式一宮教室で息子と共に私も育てていただいたと思います。ありがとうございました。

スタッフ紹介

野田 真美先生

小学3年生の時に出会った先生によって、私の人生は180度変わったと言っても過言ではありません。私にとって先生という存在は、人の人生にも影響を与えるすばらしい魅力的な存在であり、私も大人になったら、そのような存在でありたいと思い、また先生になることを夢見て学生時代を過ごしました。世間で「先生」と呼ばれる人たちがたくさんいる中で、私は特に教育分野の先生に興味を持ちました。父親が学習塾の経営をしていたこともあり、学校という型にとらわれない、本当に子供たちにとって必要な教育を追求していける塾での教育の道を選びました。入社して3年間、小学生・中学生の子供たちに関わった後、七田式教育に出会いました。七田式教育は、まさに私が求めていた教育であり、私にとって、私の残りの人生すべてをかけてでも全うしたいと思うほど魅力的な教育です。教育の世界は奥が深いです。子供たちは皆ひとりひとり個性があって、魅力的です。一瞬一瞬を大切にして子供たちと関わり、子供たちと一緒に共に学び成長したいと思っています。無限の可能性を秘めた子供たちの能力を最大限に引き出す七田式教育をぜひ体験してみてください。七田式教育を熟知した講師が皆さまをお迎えいたします。