1. 今日は「秋分の日」。親子で五感を感じる機会にしてみよう

トピックス

2021.09.23

今日は「秋分の日」。親子で五感を感じる機会にしてみよう

今日は「秋分の日」。親子で五感を感じる機会にしてみよう

今日9月23日は「秋分の日」であり、国民の祝日ですね。「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉があるように、気温の変化を感じられる時期でもあります。

今回は、「秋分の日」の意味合いと過ごし方について解説するとともに、それが子どもたちにとってどのような影響を与え得るのか、考えてみましょう。

●秋分の日の意味と由来

秋分の日は、1948年に「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」として、「国民の祝日に関する法律」によって制定されました。

戦前、秋分の日は「秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)」と呼ばれ、毎年秋分の日に宮中で、歴代の天皇や皇族の神霊をまつる儀式が行われていました。

●お彼岸の意味

「春分の日」を「春彼岸」、それに対し「秋分の日」を「秋彼岸」というのをご存じでしょうか。

「彼岸」とは、ご先祖さまがいる「極楽」のことです。反対に私たちが生きている世界のことを「此岸(しがん)」と呼びます。仏教では、彼岸は西に位置し、此岸は東に位置すると考えられています。春分の日と秋分の日は太陽が真東から昇り真西に沈むことから、彼岸と此岸が最も通じやすい日と考えられました。そのような理由から、春分の日と秋分の日には先祖を供養する風習が生まれました。

また、お彼岸は季節の変わり目を感じるタイミングでもあります。農耕生活が中心だった時代、日本人は太陽を崇拝していましたから、気候が良いお彼岸は五穀豊穣を祈願する絶好の時期でした。春分の日は種まきが始まる時期で、秋分の日は収穫の時期ですね。そのため、春には収穫を祈り、秋には収穫を感謝してお供えをしたと言われています。昔からある日本の自然信仰と仏教の教えが結びつき、お彼岸は定着していったのです。

●秋分の日にやるべきことって?

秋分の日には、このような由来があるため、お墓参りをするのが習わしです。しかし、お墓が遠方にある方は、新型コロナウィルスの影響で行けないこともあるでしょう。そのような場合は、自宅に仏壇があれば仏壇の掃除をするのでもかまいません。仏壇がない場合には、思い出話などを子どもに聞かせてあげて、ご先祖様に思いを馳せてみるだけでもいいのではないでしょうか。

お供え物をする場合、秋分の日は「おはぎ」が定番です。実は秋分の日にお供えするおはぎと、春分の日にお供えするぼたもちは同じもので、名前だけが異なります。おはぎは秋に咲く萩の花にちなんで、ぼたもちは春に咲く牡丹の花にちなんで名づけられました。日本では昔から、小豆には邪気を払う力があると信じられており、お彼岸にはおはぎやぼたもちを供えて、祖先への供養を行います。

●行事は子どもの五感に刺激を与えるチャンス!

私たちは普段、「五感」を使い、感じながら生きています。五感は誰もがもっている能力ですが、感度の「質」は小さい頃にどれだけ多くの刺激を受けたかにかかっています。そこで、今回のような行事についても、「子どもの五感に働きかけることはできないか」という観点で計画を立ててみてはいかがでしょうか。

たとえば、おはぎを作ってみる、家族で一緒にいただくということでも、視覚や触覚、味覚を感じることができます。そして、お墓参りに行くことができれば、秋の涼しい風にあたったり、匂いを感じたりすることで嗅覚が刺激されます。また、トンボが飛んでいたり、彼岸花が咲いている光景を目にすることで、視覚でも秋を感じられ、刺激を得ることができるでしょう。

このように、どのシーンでどの五感を使っているかを親が想像し、「おはぎ、おいしいね」、「トンボが飛んでいるね。秋の虫だね」などと話しかけてあげることで、子どもも五感を研ぎ澄ますことができます。そして、会話が生まれることで親子のコミュニケーションにもつながっていきます。

ご先祖様が引き継いでくださった命により、私たちは生かされ、家族を構成しています。今日は、ご先祖様に思いを馳せ、家族で五感を働かせながらコミュニケーションを取る時間にしてみてはいかがでしょうか。きっと、生かされていることに、親子で感謝の気持ちが芽生えることでしょう。

参考:秋分の日はいつ?祝日の決め方とお墓参りなど秋分の日の行事|hibiyakadan.com

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
https://www.shichida.jp/musashikoyama/free
————————————----━━━━★