1. 子どもは常に変化する存在。可能性を信じ、認めてほめて愛そう

トピックス

2021.09.24

子どもは常に変化する存在。可能性を信じ、認めてほめて愛そう

子どもは常に変化する存在。可能性を信じ、認めてほめて愛そう

新学期が始まってひと月ほど経ちますね。長い夏休みがやっと明けて、親としてはいつものペースが戻ってきた、とほっとしたのも束の間、夏休み前にできていたことが、二学期に入ったら振り出しに戻っていた、一学期は全然平気だったことが二学期は苦手になっていた、というお子さんの様子に困惑したという親御さんもなかにはいらっしゃるかもしれません。

焦りから「何度言ったらわかるの?」「これじゃダメだよ」「前はできていたじゃない」と、子どもを責めるような言葉を言ってしまった……。

こんなふうに、子どもが「困った姿」であるとき、親としてどんな心持ちでいたらよいのでしょうか。

●子どもの可能性を信じて、認めてほめて愛そう

今、子どもがどんなに困った姿であっても、人間は全面的に自己変革する可能性を持っています。

子育てに大切なことは、子どもに子ども自身のよいイメージを与えることです。子どもが自分自身に対してよいイメージを持つようになると、子どもは変わります。

子どもを認め、ほめ、愛して、子どもの本性に光を当てると、それまで攻撃的であった子どもが2週間で直ったり、泣き虫であったのが、逆に2週間でたくましいおでんば娘に変わったり等々実例があります。

子どもの本性はどの子もすばらしいのです。わが子を信じてあげてください。親が変わり、徹底的にほめ、今までと180度異なった接し方をしてくださると、子どもは確実に変わります。

ほめられた子は、親が好きになり、親を守ろうとする。親の言うことを素直に聞き、すすんで手伝いをしたがるようになります。自分に対してよいイメージを持つようになり、頭が開かれた状態になるので学習もうまくいくようになります。

2日、3日で変わらなくても、決してあせらずに1週間、2週間と続けてみましょう。

●今の困った姿は、成熟のための途中の姿

子どもの今の姿を、もうできあがった姿と思わないようにしましょう。

たとえば、子どもには赤ちゃんの時代に人見知りの時期があります。2歳前後はいわゆるイヤイヤ期と言われる、かんしゃくの時代です。

人見知りやいやいやを「今直さないと大きくなって困るから」などのように、親にとって不都合なことと感じることがあるかもしれません。しかし、これをその時期の姿なのだと温かく見守り、成熟を待ってあげるという気持ちで、おおらかに接してあげてほしいのです。

ちょうど2歳になった頃の子どもにパズルをさせると、うまく入らないのでかんしゃくを起こし、パズルを投げてひっくり返り、泣きわめく姿がよく見られます。
ところがそれから半年もすると、パズルが上手にできるようになっていて、自分の言いたい気持ちも充分に言えるようになって、欲求不満が消え、うそのように穏やかな子どもに変わっているということがよくあります。

たとえ今、スポーツができなくても、勉強ができなくても、それがもうその子の定まった能力なのだと見ないようにしましょう。
そこから努力すれば、いくらでも向上できるのです。親がやさしくバックアップしてくだされば、きっよよくなります。

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
https://www.shichida.jp/musashikoyama/free
————————————----━━━━★