1. 妊娠中の心を穏やかにする「イメージトレーニング」のすすめ

トピックス

2022.05.13

妊娠中の心を穏やかにする「イメージトレーニング」のすすめ

妊娠中の心を穏やかにする「イメージトレーニング」のすすめ

お母さんの精神状態は、おなかの中の赤ちゃんに大きな影響を与えます。いつも穏やかな心で過ごすことが望ましいのですが、特に妊娠中はどうしても気分の浮き沈み が激しくなりがちですよね。

そこでおすすめしたいのが、「イメージトレーニング」です。

●妊娠中のイメージトレーニングで期待できる3つの効果

イメージトレーニングは、毎日2回、瞑想をして、おなかの中の赤ちゃんをイメージしながら、赤ちゃんに語りかける胎教です。イメージトレーニングを行なうと、お母さんの心身がリラックスして、脳波が右脳モードに切り替わります。 左脳は言語によるコミュニケーション脳であるのに対し、 右脳は心で通じ合うコミュニケーション脳です。

したがって、イメージトレーニングを行なうことで、もともと右脳で情報をキャッチしている胎児とのコミュニケーション・チャンネルが開通し、心を通わせることが可能となります。

イメージトレーニングは、次のような3つの効果が期待できますよ。

・お母さん自身の精神が穏やかになる。
・血液の循環がよくなり、安産に導く。
・赤ちゃんが心穏やかで健康に生まれてくる。

●やってみよう!イメージトレーニング

イメージトレーニングの方法は、次の通りです。 これを毎日朝晩2回、10〜15分ずつ行ないます。

1、楽な姿勢でイスに座り、背筋を自然に伸ばします。

2、手のひらを上に向けて膝の上に乗せ、軽く胸をそらし、やや上向きに顔を上げます。

3、目を閉じ、意識を頭のてっぺんに持っていき、頭のてっぺん、脳、眉間の緊張が、吐く息とともに抜けていくことをイメージします。

4、次に、こめかみ、目の周り、目の奥、鼻、鼻の奥の緊張がスッと抜けることをイメージします。

5、続いて口の周り、口の奥、あごの緊張がスッと抜けることをイメージします。

6、あとは、吐く息に重きを置いて、ゆっく りと呼吸を繰り返しながら、「私は今、とても気持ちがいい。リラックスしている。とても落ち着いてすばらしい気分。こうして落ち着いていると紫色の扉が見え、その扉がパッと開いておなかの中の赤ちゃんが映って見えてくる」 と、しっかりイメージします。

最初のうちは、瞑想の中で赤ちゃんのイメージがなかなか見えないと思います。それでも、「赤ちゃん、愛しているよ」「元気に育ってね」と話しかけ、これから生まれてくる世界がとても楽しいところであることを伝えます。

そして、「生まれるときは安心して、自分の力でスルッ、ポンと生まれてきてね。頭をグルッと右に回転させながら、頭から出てくるのよ」と言ってあげましょう。 そうすると、逆子の赤ちゃんも、自分でちゃんと体の位置を調整し、お母さんにも赤ちゃんにも負担の少ない安産が叶いますよ。

イメージトレーニングはお母さんだけでなく、お父さんの心も穏やかにします。ぜひ夫婦で実践してみてくださいね。

★━━━━----————————————
七田式教室では無料体験レッスンを随時受付中です♪
https://www.shichida.jp/nara-gakuenmae/free
————————————----━━━━★