1. 判断力をつける!

トピックス

2021.04.01

判断力をつける!

判断力をつける!

あてっこ遊びは、脳を鍛える!

 

大人も何かを決める時、

 

どうしようかな?と、問いかけをしますね。

今までの人生の大切な岐路も、

ご自身で選び、現在に至っています。

 

困難に直面した時、

咄嗟の判断力で、危機を回避することができたり、

 

なんとなくこっちが良いと選んだことが、後の、大正解に至ったり、

 

その時、その時で、

脳に問いかけをして来ました。その結果が、現在の自分です。

 

判断力というと大袈裟ですが、

 

すぐに決められる人と、じっくりと考えたい人と、様々ですよね。

良い悪いではなく、瞬時に回答を求められるケースもありますね!

 

その時、物事を判断し、決定する時とは、、、、、

 

自分の中にある潜在意識と、対話をして決定をしているのです。

 

教室であてっこ遊びをするのは、

潜在意識に、問いかけ、直感的に判断する訓練です。

 

チャンスに気づく脳作り

危機を回避する脳作りです。

 

例えば、こんな感覚の問いかけです。

 

触った感じは、どう?   (触知)

目を閉じて、色、形を感じてみてね。(透視)

次、どうなると思う? (予知)

などです。

 

お教室の様子は、

【2歳さんクラス】

『黄色があたった!!!』

 

【4歳クラス】

『よく見て?封筒の中身の形は』

 

 

 

【5歳クラス】

『触った感じは、何色かな?』

 

『う~ん、どんな感じ?』

 

『うん、うん、次こそ!!!』

 

入室して、初めの頃は、お子様自身で、なかなか決められませんでした。

でも講師が、

『自分で決めて偉いねー』

『良く見たね、よく触って感じてみたね』

と、自分で決めた事を褒めていきます。

ハズレて、泣き出したりしたお子様も、どんどん積極的になっていきます。

 

そして自分が外れても、当たったお友達に、拍手するお子様もいます。

 

素敵な事ですよね!

 

是非、親子で楽しくあてっこ遊びをして判断力を、直感力を養って下さい!