1. 『かずの概念を楽しく学ぶ』

トピックス

2021.08.01

『かずの概念を楽しく学ぶ』

『かずの概念を楽しく学ぶ』

 

七田の幼児プログラムでは、0歳児の4ヶ月から、数の概念を学んでいます。

 

もっと正確にお話しますと、胎教から、既に始まっています。

 

計算能力には、右脳の計算能力左脳の計算能力があります。

その両方をバランスよく刺激をして、学ぶことが大切です。

 

0歳児クラスでは、ドッツカード、百玉そろばん、タンバリンなどで、

音を出しながらの数唱、数字のシール貼りなど。

 

1歳児クラスでは、ドッツカード、数字のフラッシュカードや、実数対応。

 

2歳児になると、数表を読み上げながらの指差し、数字書きへの誘導などが始まります。

そして、今月になると、『順序』の概念がスタートしました。

先月からの導入で、『前から何番目』も始まります。

 

その月ごとに、にしっかりと概念が定着をして、土台作りが出来ていると、

お子様は見事に次の概念に進むことができます。

ですので、無理なく次のプロセスに進むことができ、しかも楽しみながら学ぶことができます。

当たり前のことのようですが、お子様の理解力のためにはとても大切なことです。

 

レッスンの様子を少しご紹介いたします。

 

かずの概念で、順序(系列)を立体的に学んでいます。

 

       

 

ひも通しの教材を使って、一個ずつ、二個ずつ、変則など、

手を動かしながら、楽しん学んでいます。

 

また、数を立体的に学ぶ上で、数えることを何度も繰り返すことが大切です。

 

2歳さんのお教室から大きな声で『1.2.3.・・・・・11.12.、きゃーー!!!』

を楽しそうに聞こえたので、のぞいてみると、、、

 

           

 

積み木を高く積み上げ、何個になったか、数えていました。

ハラハラ、ドキドキ、楽しいですね💦

 

今月学んだことが、8月の『前から何番目』につながっていきます。

 

今日も楽しく親子で学んでいきましょう!!!!!