1. 本教室の特徴

本教室の紹介

	特徴画像1

七田式教育を受けてきた子供たちは、心優しく育ち、地頭の良い青年男女に育っています。
コミュニケーションに必要な相手を思いやる気持ちを、学びの礎ともいえる記憶力・集中力・思考力、そして豊かな表現力も七田式で楽しく身につけているからです。日本をはじめ世界19の国と地域に広がる七田式公認教室が、佐賀市大和町にあります。
	特徴画像2

「自分に自信が持てる子、自分を表現できる子に育てたいけど、具体的に何をすればいいの?」
「わが子にいつ・何をすればいいの?」
「自己流で文字や数を教えても大丈夫?」

わが子のことを大切に想うけれど、今、何をしてあげればよいか分からない時もあるかと思います。
お子様の年齢が1歳ならママ歴は1年です。分からないことがあって当たり前だと思いませんか。
	特徴画像3

~才能逓減の法則~
お子様が今、どのような成長段階にあるかご存じですか。

0歳から6歳は、脳が最も成長する『黄金期』です。この時期に脳は急速に発達し80%完成します。
脳の『黄金期』は外からの働きかけを楽に吸収できるので、才能が伸びる可能性が広がると言われています。
この時期は、『何をできるようにしたか?』ではなく『何をしたか?』がとても重要なポイントになります。
取り組みの有無や、やり方一つで脳細胞や脳細胞同士の繋がりの量や太さ、質が大きく変わるからです。

これに加えて、0歳から6歳までの子どもの脳波は『アルファ波』という状態にあります。
『アルファ波』はリラックス状態の時に出る脳波で、学習やスポーツをするのに最適な脳波と言われています。
	特徴画像4

現代のママとパパはお忙しいと思います。
お子様が成人するまで親が手を掛けるのではなく、手を掛けるべき時期に手を掛けては如何でしょうか。
“つ”のつく年齢(一つから九つ)まで親が手を掛けて・声を掛けて・目を掛けて・心を掛けることが出来れば、10歳以降の子育てにゆとりが生まれます。

『○○しなさい!』と親が言わなくても、自ら考えて・自ら学ぶ・心優しいお子様に成長していくからです。
	特徴画像5

七田式教育は脳科学に基づき、お子様の年齢ではなく『月齢』に沿ったレッスンを実践しています。
胎教コースにはじまり、0歳から5か月のお子様はママと一緒の赤ちゃんコース。
6か月から年長さんのお子様には50分の幼児コースと音楽コース、小学生以降は90分の小学生コースがあります。
英語コースは幼児クラスと小学生クラスに分かれてあります。
また、マンツーマンの特別支援コースもあります。
	特徴画像6

通室中のママに幼児コースのレッスンについて聞きました。
「色々な知識が増えて、いつも子どもが嬉しそうにしています。」
「記憶力が伸びて驚いています。」
「先生が熱心だし、教材も珍しくて面白い!」
	特徴画像7

入室する・しないのご判断はWEBサイトだけでは難しいかもしれません。
お子様とご一緒に、無料の体験レッスンにお越しになりませんか。
七田式レッスンを受けている時のお子様の表情や様子は勿論、保護者様の気になる箇所も合わせてご覧ください。

無料体験レッスンは、春が最も混み合う時期です。
お席が埋まる前に、お電話か体験レッスン申込フォーマットからお早めにご予約くださいませ。

スタッフ紹介

佐賀教室の先生

講師歴17年以上の講師が多く在籍しています。子育てのご質問など、いつでもご遠慮なくお聞かせください。

代表:岡 愛子先生

担当:佐賀・鍋島教室:代表講師
はじめまして 代表の岡です。
私が 約20年かけて七田の教育を通し学ばせてもらったことで
もっとも重要で お伝えしたいことは 「天性」を生かし「感性」を育てるということです。
「天性」とはその人が生まれる時に天から授かった力や備わった力ですが
それを引き出すには、「感性」を育てる必要があります。

「感性を育てる」の「感性」とは感覚であり心で受けるものです。
生まれた環境、受けてきた教育、読んだ本、見た景色、出会った人、口にした物、
聞いた音楽など経験したすべての要素が、その人の感性を築き上げていくのです。
それは、感じることの個性。感覚と感情から導き出される個性でもあります。

今の社会では 昔と違い 「学習」についての情報は溢れんばかりで
親はどれを学ばせたらいいか どんな学習が良いか必要かという事で
頭を悩ませていらっしゃるのではないかと感じますが、
考える前に見つめて頂きたいことがあります。この世でたった1つのもの
それは あなたという存在です。見た目での顔や身体の違いという事ではなく
あなたにしか存在しない「感性」を 育てているかという事です。

七田では「勉強=学習=記憶」ではなく「学ぶ=全脳(表現力のための五感をともなった学習)」を大切にします
その中でも「感性」の教育を重んじています。ナンバーワンではなくオンリーワン教育です。
「感性」は多くの経験からしか育ちません。小さい頃から五感(視覚・聴覚・味覚・臭覚・触覚)を使い、何を感じたか
そしてそれをどう表現するか。

ですが最近は何かを体感する前に、「あぶない」「よくない」「やめて」という言葉を
よく耳にします。体感よりも感情的な言葉が多く使われ、
何かをする前に言葉の情報だけが入り 感情を伴う親の顔色で静止し自由に動けない
指示待ちの子供が増えてきているようです。

その結果「自分で決められない」「無気力」「上手く伝えられない」ことがおきています。
五感を使い、見守られながら感性を大切に育てられた子供は、自ら心で感じたことを
考え、行動に移し結果を受け止めるまでを1つとしますので、
一つ一つの事からしっかり学ぶことができます。学習はその一つに過ぎません。

もちろん それが何かを成し遂げるための力の源になりますので それを私たち講師や
お母さま方にも その期間待つことと、体感の大切さを学んでいただいております。
その結果 感じたことの表現のために「学力・知覚力・創造力」を導入し「学ぶ力」
が群を抜いて育っていくので、通っていただいている子供たちは「七田=楽しく学べる」
になっているようです。

親は子供が生まれたら自立させていくまでが役割です。
自立とは自分で立つと書きます。自分で感じたことだから自分で考えることができ
行動に移せます。それでもまだ、もちろん未熟です。助けがいる時にこそ親が力を貸し
やがて1人立ち=自立していけるのです。

その自立を手助けする事の1つが、
どの学習方法を親が選択してあげるかであり、子供の未来を左右する重要な要素となります。
七田教育と共に子供達の未来を育てて行こうではありませんか。

馬場啓子先生

担当:佐賀・鍋島教室:室長
息子が1歳10カ月の時、親子で七田に通いはじめ、その数年後に先生になりました。現在息子は23歳となりましたが、最初は子育てがわからず不安で泣いて相談していたのを今でも覚えています。未熟な母親でしたが、岡先生からいろんなアドバイスを頂き、実践していきました。記憶法や絵本読みを始め、身体の使い方、手先を使うプログラム、いろんなことを家に帰って子供と
いっしょに取り組みました。
その結果、幼児期には分かりませんでしたが、今の息子は学ぶのが楽しいといえて、自分の夢を持ち、努力をすることができるようになりました。その姿を見ると、七田に通ってよかったと
つくづく感じます。私も七田を学ぶことで、子供の脳回路が変わることを
目の当たりにし、親子でいろんな経験をいっしょにすることで、
子育てを楽しむことができました。
こどもたちはみんな、可能性を秘めている原石です。いっしょに磨きませんか?
ぜひ体験レッスンにお越しください!            

篠崎若菜先生

担当:佐賀・鍋島教室:幼児・小学部・英語講師
七田に最初に来たのは、右脳の可能性を知りたいと思ったからでした。それから、先生となりこどもたちとともに訓練させていただいてきました。その中で、感じたのは、人とのつながりが人間を育てること。能力が高い人とは「何かを知っている」ことではなく、好奇心を持ち、素直に物事に取り組む心と現実化のために働く脳と、それを表現する身体を持ち合わせている人であることです。その原動力が夢なのでした。七田のレッスンを長く続けていると、時間をかけてそれを教えてくれます。七田の教育を受けた子供たちが、自分が昔は壁のように感じて苦労し
てきたことを軽やかに突き進んでいく姿は頼もしくもあり、うらやましくもあります。
しかし、大人になってからも能力開発はできるのです。
子供たちと共に大人も学んで成長できるところが七田の素晴らしさだと
思います。みなさん、七田の世界をじっくり体感してみてください。

中村昌子先生

担当:佐賀・鍋島教室:幼児・胎教講師
子供の力は無限大!!そんな七田の紹介の通り、小さなお子様と関わりを持つたびに 
いつも心洗われる気分です。
レッスンはもちろんですが、胎教に関わらせて頂いている時が、
人間の可能性を直に感じとることができワクワクします。
胎教をして生まれてこられたお子様との対面は、感動の極みです。
お母さんのお腹の中は、小宇宙!!何でも感じているお子様と対話しながら、
未来を創り上げることのできる、尊いこの仕事に感謝と喜びを感じながら、
これからも、子供たちと日々成長し、お母さまの心に寄り添える講師を目指します!
ぜひ、一緒に未来を創っていきましょう!