1. 色彩感覚を鍛えるために「色の組み合わせ遊び」

ブログ

2021.12.30

色彩感覚を鍛えるために「色の組み合わせ遊び」

色彩感覚を鍛えるために「色の組み合わせ遊び」

絵具を使って「紫色」を作る時。

何色と何色を混ぜれば「紫色」になるか、知っていますか?

 

正解は、赤色と青色を混ぜる。

この2色で「紫色」になります。

実は多くの色は、赤・青・黄、そして白と黒があれば作れます。

 

教室に通ってくれている3歳児のHちゃん。

お母さんと一緒に、お家で色の組み合わせ遊びをしています。

 

自分で試行錯誤しながら、色の変化を楽しめます。

楽しい体験だから、記憶にも残りやすくなります。

皆さんも楽しかった思い出は、ずっと記憶していませんか?

 

逆に、幼児期のイヤな思い出はトラウマになります。

潜在意識に残ってしまうからです。

だから幼児期は特に、親子で楽しい経験や思い出を増やしましょうね。

 

それに色の組み合わせ遊びは、楽しいだけではありません。

様々な効果もあるんです!

 

 

 

色彩感覚を育て、想像力を養う

【色彩感覚を育てる】

生まれたばかりの赤ちゃんは、全ての色を認識していません。

ぼんやりした見え方で、赤ちゃんには白黒の世界が広がっています。

だから赤ちゃんの時は、白黒のフラッシュカードや絵本を活用します。

カラーよりも白黒の方がクッキリ・ハッキリ見える時期だからです。

 

白黒の次に、一番最初に認識する色は「赤色」。

生後6か月頃になると赤だけではなく、黄色や青色の識別もできるようになります。

人間の身体に神秘を感じませんか。

 

色の認識や感覚には個人差があります。

赤ちゃんの頃から、遊びながら多くの色に触れ合う。

これが、その子の色彩感覚を育てて鍛えることに繋がります。

七田式教室では年齢と発達段階に応じて、色の概念を覚えていきます。

1.赤・青・黄の三原色

2.虹の七色(三原色+緑・橙・紫・藍)

3.虹の七色+水色・茶・ピンク・白・黒の12色

4.混ぜ色

 

フラッシュカードで見たり、色とりどりの教材を見たり、触ったりしています。



【想像力を養う】

色遊びで何を作るか?

どの色を、どこに塗るか?

子供が自分で考えながら、思いのままに色彩を加えます。

 

「この色とこの色を混ぜてみよう!」

子供の想像力がフル回転します。

想像しながら創造する。

自分で混ぜたり、描けるから楽しい!

しかも、すぐに結果が目に見えます。

 

子供たちの表情を見ているだけで、私たち講師陣も楽しくなります。

集中したり、笑顔になったり、歓声をあげたり。

 

色遊びは、学びに直結する楽しい遊びです。

ご家庭で気軽に遊びながら、色彩感覚や想像力を育ててみませんか。