1. 情報機器との付き合い方

ブログ

2021.09.07

情報機器との付き合い方

情報機器との付き合い方

 

◎メディアリテラシーの重要性

近年のおうち時間の増加で、子供の情報機器の使用時間も増加傾向にあります。あわせて、ICT教育の普及も進み、情報機器は子どもにとっても必要不可欠なものになりました。

切っても切り離せないものだからこそ、子供に正しいメディアリテラシーを身に付けさせることが大切です。

「メディアリテラシー」とは、「情報を正しく読み取り、適切に活用する力」のことを言います。日本は海外に比べて、メディアリテラシーが低いと言われます。

情報機器との関わり方を改めて親子で学んでいきましょう。

◎インターネットに潜む危険

インターネットは、手軽に物事を調べたり、SNSなどで世界中の人と繋がれるなどで多くのメリットもありますが、危険やトラブルも潜んでいます。

子供が陥りやすいトラブルの例として、次のようなことがあります。

・SNSやゲーム依存

・過激なシーンなどの視聴

・誹謗中傷の書き込み

・個人情報の流出

・ゲームなどへの課金

・犯罪に巻き込まれる

インターネットの正しい使い方を教えずに自由に使用させると、精神的に未熟な子供は簡単に落とし穴にはまってしまいます。

わが子が加害者にも被害者にもならないようにすることが大切です。家庭の中でなぜそのルールが必要なのか話し合い、情報機器を取り入れるようにしましょう。

「子育ては夢育て 9月号」より引用

☆世界教育七田式テンダー狭山・金剛教室

              泉ヶ丘教室

 TEL 072-367-8393