1. 「子供は親の鏡」の正体

ブログ

2021.09.10

「子供は親の鏡」の正体

「子供は親の鏡」の正体

人間の脳の大切な仕組みに「ミラーニューロン」というものがあります。これは、見ているものを鏡のようにまねをする神経細胞のことです。

特に赤ちゃんや幼少期はこの神経細胞の働きが活発で、目の前の見本である親の行動を映します。そのため、親の自己肯定感が低いと、子供の自己肯定感まで低くなってしまうのです。

また、わが子や自分がほめられたときに「いえ、そんなことはありません」というネガティブな謙遜をしていませんか?このような行動や言動が繰り返し行われると、脳にネガティブな回路が出来てしまい、その回路が強化されてしまいます。

「認めて、褒めて、愛して、育てる」は親に対しても言える言葉です。子供も自分も大切にしましょう。

「子育ては夢育て 9月号」より引用

☆世界教育七田式テンダー狭山・金剛教室

              泉ヶ丘教室

 TEL 072-367-8393