1. 語学学習(特に英語)に最も効果的な方法を検証してみる。

ブログ

2019.04.02

語学学習(特に英語)に最も効果的な方法を検証してみる。

語学学習(特に英語)に最も効果的な方法を検証してみる。

皆さんは、「トップダウン」と「ボトムアップ」という言葉を聞いたことがありますか?

 

よくビジネス用語で、企業のトップの意思決定を行い、現場社員等に指示を出していくことを「トップダウン」、

それとは逆に、現場社員からの意見をくみ上げ、意志決定を行う仕組みを「ボトムアップ」と言ったりします。

 

ここでお伝えするのは、そういった経営思想的なお話ではなく、勉強法における「トップダウン」、「ボトムアップ」を解説していきます。

 

①ボトムアップ式の勉強法とは?

皆さんが学校で習った方法は、このボトムアップ式の勉強法に分類されます。

「積み上げ式」ともいうことができます。

これは、細かい基礎的なところを理解していき、最終的に全体像を掴むという方法です。

語学学習を例に取ると、まずは文法や単語をしっかり覚えて、それから文章理解、長文読解に入るというやり方です。

 

②トップダウン勉強法とは?

ボトムアップ式とは違い、全体像から捉え、後に細かいところを理解していく方法をトップダウン式の勉強法といいます。

私たちが勉強と言うと、「ボトムアップ式」が通常ですが、脳自体は、「全体⇒部分」というトップダウン式に理解する構造を持っているとも言われ、

実は、有効な勉強法なのです。

語学学習に例えると、まずは文章全体を暗記するなりして全体像をつかみ、その後、文法表現や単語を学ぶといったやり方です。

 

ボトムダウン式は、より細かな知識が習得できますが、全体像が見えづらく目標を見失いがちになります。

トップダウン式では、全体像を見ることで目標が分かりやすくなりますが、拾いきれてない知識が発生します。

どちらにもメリット、デメリットがあり、両方をうまく組み合わせることで、より効率的な学習法を身につけることができます。

 

従来の学校や学習塾での方式に囚われるのではなく、柔軟な思考で子供たちの可能性を広げていきましょう。